トップ > 全日制 ウォッチメーカーマスターコース(3年制)
  1. ウォッチコース:【バナー】今月のイベント
  2. ウォッチコース:【バナー】個別相談
  3. ウォッチコース:【バナー】卒業生
  4. ウォッチコース:【バナー】ブログ
  5. ウォッチコース:【バナー】イメージムービー
  6. ウォッチコース:【バナー】時計修理の道具
  7. ウォッチコース:【バナー】再進学をご検討中の...
  8. ウォッチコース:【バナー】就職率100%

体験入学日程一覧

全日制 ウォッチメーカーマスターコース(3年制)

  • 全日制 ウォッチメーカーマスターコース(3年制)
  • 全日制 ウォッチメーカーマスターコース(3年制)
  • 全日制 ウォッチメーカーマスターコース(3年制)

クロノグラフ機構の
修理技術までを学ぶ

ウォッチメーカーコース(2年制)の知識・技術に加え、
業界からの要望の強いクロノグラフ時計の修理技術を中心に学びます。
国内時計産業の人材ニーズに最も即した教育カリキュラムを編成しています。

カリキュラム抜粋

  • ウォッチメーカーコース(2年制)
  • ウォッチメーカーマスターコース(3年制)

1年次

時計技術

  • 【スクールウォッチ】
  • ・巻真製作

ウォッチメーカーコース

ウォッチメーカーマスターコース

金属加工

ウォッチメーカーコース

ウォッチメーカーマスターコース

外装知識・デザイン
/時計理論

2年次

時計技術

  • 【スクールウォッチ】
  • ・ケース仕上げ

ウォッチメーカーコース

ウォッチメーカーマスターコース

金属加工

  • ・シルバークラスプ製作

ウォッチメーカーコース

ウォッチメーカーマスターコース

外装知識・デザイン
/時計理論

ウォッチメーカーコース

ウォッチメーカーマスターコース

3年次

時計技術

  • 【スクールウォッチ】
  • ・部品製作(裏押さえ)
  • 部品装飾(コートドジュネーブ、ぺルラージュ、 ブラック・ポリッシュ、面取り、青焼き)
    精密調整

ウォッチメーカーマスターコース

※カリキュラムは毎年見直されます。

1年次課題

  1. クォーツ式時計
    分解・組立・洗浄・注油作業

    修理技術の入門として
    クォーツ式時計のオーバーホールを行います。機械式時計に比べれば部品点数は少ないのですが、電子部品を含む繊細な部品を扱うことは、その後の高度な技術を修得するうえで欠かせない基礎となります。

    クォーツ式時計分解・組立・洗浄・注油作業
  2. 時計旋盤実習(巻真製作)

    時計旋盤は素材となる金属を回転させて刃物で切断し、時計の部品や工具等を製作する特殊な機械です。工具製作からスタートし、旋盤の基本的な操作方法を修得。最終的にはりゅうずとムーブメントをつなぐ時計部品(巻真)を公差±3/100mmの精度で製作します。

    時計旋盤実習(巻真製作)
  3. 金属加工基礎演習

    銅版、真鍮版、洋白版を寸法とおりに切り抜き、組み合わせる課題。最終的にはそれぞれのパーツがどの向きからでもぴったりと嵌る仕上げを目指します。正確な糸のこぎり、ヤスリがけの作業が求められる課題です。

     時計工具製作
  4. 時計工具製作

    ピンセット製作の課題では2mm厚の真ちゅうを、製図のもとに削りだし、2枚をカシメの技法で貼り付け仕上げます。時計職人にとって自身の手となる工具を製作したり、手になじむように加工することは、とても重要な技術なのです。

     時計工具製作

2年次課題

  1. 機械式時計
    分解・組立・洗浄・注油作業

    錘(おもり)が回転することで、ゼンマイを巻き上げる自動巻き機械式時計。外径36.6mmの大きめのムーブメントの手巻き時計で基礎を学んだ後に、25.6mmの自動巻きムーブメントを使用。サイズが小さい分、部品も小さくなり作業にも緻密さが求められます。

    機械式時計分解・組立・洗浄・注油作業
  2. 機械修復実習(天真交換)

    天真とは長さが約3.5mm、一番細い部分が約0.1mmの極小部品で、テンプという時計の心臓部の軸になります。その天真を交換する一連の作業では、天真と天輪を圧着させる「カシメ」や、圧着後の歪みを修正する「天輪の振れ取り」など、細かく重要な作業を行っていきます。

    機械修復実習(天真交換)
  3. 外装・製図基礎知識

    パソコンの使い方、グラフィックソフトの使い方を学び、製図製作を行います。製図の基礎知識を学ぶことは、外装とムーブメントの関係を理解すること。時計独特の図面の読み方を覚え、自分の考えを具体化する方法を身につけます。

    外装・製図基礎知識
  4. 時計理論講義

    時の起源、天文学と時間、時計の歴史から、機械式時計、クォーツ時計の各機構の詳細な仕組みを学ぶ時計理論。国内大手企業にて使用された教育用教材等を本校独自に監修したオリジナルテキストは、日本の時計理論の集大成と言っても過言ではありません。

    時計理論講義

3年次課題

  1. クロノグラフ実習

    マスターコースで集中して学ぶ「クロノグラフ」は、通常の時計機能の他にストップウォッチ機構がついた複雑時計のこと。構造が複雑になるため、自動巻き機械式時計の倍以上の部品点数となり、この時計をオーバーホールするには、緻密な調整と技術が必要になります。

    クォーツ式時計分解・組立・洗浄・注油作業
  2. 入れホゾ練習

    入れホゾとは、交換部品を手に入れることが出来ないような、アンティーク時計の歯車軸を修復する技術です。時計旋盤を用いて摩耗して使えなくなった軸を新たに作り直し、使用できるようにします。本校では、置き時計サイズの時計を基本に練習します。

    入れホゾ練習
  3. 時計リペア実習

    アンティーク時計の修理を体験。新品の教材とは違う、実際に長年使いこまれた時計のリペアを行うことで実践的なテクニックを養います。この課題の経験をいかして学園祭でリペア時計の販売を行う学生もいます。

    クォーツ式時計分解・組立・洗浄・注油作業
  4. 部品装飾

    美しい装飾や仕上げも機械式時計の特長のひとつ。部品を鏡面になるように磨いたり、ペルラージュ(円形模様)やコートドジュネーブ(小波模様)をほどこすなど、さまざまな装飾技法を修得し、美しく仕上げたオリジナルスクールウォッチを完成させます。

    クォーツ式時計分解・組立・洗浄・注油作業