トップ > ウォッチメーカー(時計職人)とは
  1. ウォッチコース:【バナー】今月のイベント
  2. ウォッチコース:【バナー】個別相談
  3. ウォッチコース:【バナー】卒業生
  4. ウォッチコース:【バナー】ブログ
  5. ウォッチコース:【バナー】イメージムービー
  6. ウォッチコース:【バナー】時計修理の道具
  7. ウォッチコース:【バナー】再進学をご検討中の...
  8. ウォッチコース:【バナー】就職率100%

体験入学日程一覧

ウォッチメーカー(時計職人)とは

主な訪問実績企業

「ウォッチメーカー」とは、
ムーブメント内部の設計・製作者、時計修理技術者を意味する言葉です。
800年の歴史を受け継ぎ、この小さな宇宙を動かし続けるウォッチメーカーは、
人の到達しうる最高の手の技を持った人たち。
身につけた技術は世界中どこでも通用する、決してなくなることのない仕事です。

過去10 年間で7000 万個以上の機械式時計が世界中で生産、販売されています。
このうち30%、つまり2100 万個は修理やアフターケアが必要になると見込まれています。
有能なウォッチメーカーがいくら頑張っても、年間800 個の修理が限界。
最低でも26,250 名のウォッチメーカーが必要とされることになりますが、
現在、世界中のウォッチメーカー数は遠く及びません。
業界は優秀なウォッチメーカーの誕生を待ち望んでいます。